車いらない生活

もう車はいらない?自転車で暮らせる場所の一例と過ごし方

   

車いらない生活

もう車はいらない?自転車で暮らせる場所の一例と過ごし方自動車はその価格はもちろん、維持などにも手間は費用が掛かってしまいます。特に車検などは面倒だと思う人も多いでしょう。そんな時、車を使わない生活が出来たら、と考える人もいるのではないでしょうか。

車を使わない生活、それを実践するのは難しい事のように感じます。実は、場所を選べば自転車で生活をする事はとても簡単なのです。
 

暮らせる場所はどこか

基本的に、生活に必要な施設が充実している場所であれば、どこでもそれを使った生活をすることができます。何度も通う事になるような場所は、買い物用のデパートや薬局程度であり、それ以外の、例えば市役所や病院などは必要な時に行く程度です。つまり、近場にそれらが集中している場所ならば、特に生活に困る事はありません。とは言え、人によって頻度の高い場所は多少左右されますから、それらを考慮した立地を探すと良いでしょう。

地域としては、東京や京都、大阪などは特に生活しやすいと言えるのではないでしょうか。これらの場所は、バスや電車、地下鉄などが充実しており、車を使用すると余計に時間や費用が掛かってしまいます。これらの地域は移動が非常に楽であると言えるでしょう。しかし、車と同じく駅前に置ける場所があるかを確認する必要がある、といった注意点があります。

逆に、田舎では少し難しいと言えます。こちらは自動車がなければ移動距離が非常に長くなってしまうでしょう。しかし、時間さえかければどんな場所にでも行けるのが自転車の優秀な所です。それを使った生活をするならば、あらかじめ許容できる移動距離を調べておくことが大事です。

どんな過ごし方になるか

まず、仕事へは自転車で行きましょう。東京に住むならば、これは駅まで移動するための手段となります。その後は電車を利用し、会社まで徒歩で移動することになりますが、東京では電車から徒歩が普通です。特に問題はありません。

必要な買い物は近場の店から選ぶと良いでしょう。わざわざ遠くの店に行く必要はありませんし、コンビニは今はどこにでもあります。また、インターネットの通販なども有効に使う事が出来ます。インターネット通販だけで生活しようとするならば、買い物に行くことすら不要です。とは言え、通販では手に入らない物もありますから、そういったものは購入する必要があります。

自転車で生活する事によるメリットは、費用が掛からない事と、それによる出不精の解消などが挙げられます。自動車を使った移動は、頻繁に行えるようなものではありません。ちょっとそこまで行く場合は、特に高すぎると言えるでしょう。

反対に、やや難点が出てしまうのが、娯楽施設への移動になります。これらは駅前に集中しているわけではなく、意外と遠い場所に建てられている事も多いです。とはいえ、地域の主要施設であればバスが出ている可能性は非常に高いため、そちらを利用すると良いでしょう。

また、悪天候への対応が難しいという弱点もあります。台風の時など、短い距離を移動するだけでずぶ濡れになってしまうでしょう。こういった場合にはバス停に移動するだけでも厳しく、それらが運行していない可能性もあります。タクシーや友人の車を借りるなど、あらかじめ対策を用意しておく必要があるでしょう。
 

運動不足にも自転車

最後に、自転車の生活は運動不足も解消できる、とても良い生活スタイルです。使い続けるにつれ、身体が鍛えられて移動距離は伸びていくのです。そうなれば、サイクリング気分で飲食店巡りをする等、楽しみも広がってくるのです。

そして、地域に用意されている移動手段は、時間の経過とともに増えていきます。新しい駅が作られ、地域が開発されることも多いのです。あなたが田舎に住んでいて、自転車での生活が難しかったとしても、その田舎はいずれは開発され、発展される時が来ます。その時は、車いらない、と言えるような生活をすることが出来るでしょう。

車の値段を調べてみる

現時点で車がいくらで売れるか?売る予定がなくても、知っておくことが大切です。

 - 車いらない