車いらない生活

京都での生活で車は必須か?それともいらないか?

      2019/06/05

車いらない生活

京都での生活で車は必須か?それともいらないか?京都市に住んでいて車を買わずに生活をすることは可能でしょうか。

車がいらないという人が20代で増えてきていますが独身世代だけでなく、既婚者でも車なしで不便のない生活をすることは可能でしょうか。20代の車離れが起こっていると言われて久しいですが、現実的に20代が車に興味を占めていないわけではなく、車を買うお金がないという理由が多いのです。

これは免許保有率を見てもわかりますが、20代で免許を所有している人はおよそ80%です。これは10年以上前の20代、つまり今の30代と比べてもそれほど大きな違いはありません。20代で車を持っていない人の多くは車に興味がないのではなく車が買えないという理由が大半なのです。

スポンサーリンク

京都で車はいる?いらない?

実は、京都に住んでいても車を必要としないで不便のない生活をすることは十分に可能なのです。

まず、市内ではJRや私鉄が東西南北に走っているからです。それに加えて京都バスや市バスも走っているためよほどの田舎でなければ車なしの生活は十分可能なのです。ちなみに京都はバスが多い街として知られています。市バスだけで101系統もあるのです。

バスが多いのは街全体が観光地だからです。観光客がそれらを回るにはバスが必須になります。しかもありがたいことに市バスは1駅乗っても始点から終点まで行っても料金は変わりません。大人一人230円です。地元住人でも車なしの生活をしてもバスを上手に利用すればかなり安くなります。

どちらが安い?

では、京都に住んでおり、車を持っている時と車がない時ではどちらが安くなるでしょうか。

まず、車を所有すると購入費用がかかります。そして車を動かすためにはガソリンが必要ですが、買い物程度なら月に4000円ぐらいになります。自動車税がおおよそ4万円と考えてもガソリン代と維持費だけで10万円です。さらに任意保険に入って6万円ぐらいになります。2年に1回車検がありますので10万円(1年で5万円)です。

かなりアバウトですが合計すると1年間に20万円かかります。一方、バスを毎日乗ると1日460円ほどおよそ17万円になります。もちろんそれぞれ生活の仕方によって誤差はありますし、1人で乗るとの家族で乗るのでは違いがありますが、少なくとも独身ならバスで十分ということになります。

家族の場合は幼稚園や学校の送り迎えや大きな荷物を持っての買い物であれば車を持っていた方が有利と言えます。また、家族で移動する場合も車があった方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

カーシェアという選択肢

最近は、全国でカーシェアリングが流行っています。カーシェアリングとは、有料駐車場に止めてある指定の車をネット上で予約をするだけで借りることができるのです。レンタカーとの違いはわずか20分借りて返すだけでも利用することができる点です。

借りた車は元の有料駐車場に戻しておくだけです。もし、家の近くにカーシェアリングを行っている有料駐車場があれば利用してみてもいいでしょう。車でしか運べないたくさんの荷物を運ぶ場合や両手に持ちきれないほどの買い物をする場合にも有効になります。

このように、独身であっても家族住まいであっても車なしで便利に生活をすることは可能になります。

車の値段を調べてみる

現時点で車がいくらで売れるか?売る予定がなくても、知っておくことが大切です。

 - 京都