車いらない生活

横浜で車はいる?いらない?そのメリットとデメリット

      2019/06/21

車いらない生活

横浜で車はいる?いらない?そのメリットとデメリット今の日本は車社会で、たくさんの人が運転免許を持って実際に車を利用しています。

車を所有するということは燃料費は当然ですが、駐車場を確保することや税金、維持費などで費用が掛かります。

田舎など大きな土地を所有していて駐車場の心配が不要なら何台でも所有することもできますが、都会のマンションで暮らしている場合は駐車場を別に借りる必要があります。

しかも都会に行けば行くほど土地代が高いので駐車場を借りるにしても田舎の駐車場よりは高いお金を支払う必要が出てきます。

スポンサーリンク

横浜市都筑区では車いる?交通機関は発達している?

横浜市都筑区は公共交通機関の非常に発達したエリアで、約28平方キロメートルの区域内に市営地下鉄の駅が8つあります。また、路線バスも市営バスの他に3社が乗り入れており、ほぼ区内全域を網羅しています。そのため、区内移動に関してはほぼ公共交通機関の利用のみでも用が足ります。

市営地下鉄を利用すれば、市の中心部へは乗り換えなしで行くことができます。また、西へ向かえば1駅目に、東へ向かえば3駅目にそれぞれ渋谷まで通じている在来鉄道に接続します。したがって、都心へのアクセスも非常に良好です。

区の北部から中部にかけては、ほぼ全域が駅からの徒歩圏にあります。このエリアは港北ニュータウンと呼ばれる大規模な住宅地となっていて、幹線道路沿いに商業施設や大型病院なども点在しているので、路線バス網も発達しています。一方、のどかな田園地帯の広がる南部及び南東部には駅がありません。ただし、このエリアは隣接する港北区及び緑区内に複数の駅があるため、区境付近では徒歩での駅利用が可能です。

こうしたことから、横浜市都筑区では車を持たなくても生活に不自由を感じることはほとんどありません。ただ、区の東側には国道466号(第三京浜)という道路が南北に走っており、区内にはインターチェンジもあります。この道路は北へ向かえば都心にダイレクトアクセスできますし、南へ向かえば横浜新道を経由して湘南方面に出られます。そのため、長距離移動には車があると便利です。

横浜市戸塚区では車いる?交通機関は発達している?

戸塚区等に住居を構えるのならば、やはり車はあった方が何かと便利だと言えるでしょう。横浜市戸塚区は、閑静な住宅街が多く緑も豊かで居住環境としては理想的ですが、駅の近くから少し離れるところに住むのならば車はあるに越したことはありません。

交通機関として鉄道はJR東海道線、横須賀線や湘南新宿ラインが通っているので大きな街にはでやすいですが、戸塚区内はバスの路線が充実しているとは言え、必ずしも時間通りに来るとは限りません。また時間帯によっては混雑する路線もあります。戸塚区は意外と広範囲となっていますので、もちろんどこに住むかによっても事情は変わってくるでしょう。

駅付近に住んで仕事が中心の生活だというならば、自転車があれば大抵の所用は済ませることが出来ます。遠出をする時だけレンタカ-を借りるなどすれば、特に自動車を所有していなくても不便に感じることはないかもしれません。

しかし、子供がいたり駅からバスを利用しなければならないなどという状況であれば、車は大変重宝することになるでしょう。子供の送り迎えをはじめ、少し離れたところにある大きなス-パ-マ-ケットでまとめて買い物をする際にも重い荷物を運ばなくて済みます。”

横浜市青葉区では車いる?交通機関は発達している?

横浜市青葉区は、公共交通機関は鉄道だと田園都市線とJR横浜線が通っています。車であれば、東名高速道路の横浜青葉ICが利用可能です。東名高速道路に沿うように厚木街道が並走していて、それと交差するように環状四号線などの幹線道路が走っています。東京都心へのアクセスも良く、ベッドタウンとして発展してきた地域でもあります。

閑静な住宅地も多くあり、大学のキャンパスもいくつかある活気のある街です。鉄道以外の公共交通機関であれば、各バス会社のバスが利用出来ます。運行している本数もある程度は走っているので、車がなくても十分快適に生活することが出来るでしょう。路線バス沿線に住んでいる場合は、それほど不便さを感じることなく生活することが出来ます。

日常生活では、車がなくてもそれほど困ることはありませんが、週末など買い物や家族でレジャーに出掛ける場合などは、車があった方が便利です。買い物で重い荷物等を購入した場合は、鉄道やバスの利用だけでは疲れてしまいます。バス停が近くにない場合は、なおさらです。通勤や通学では車は必要はありませんが、週末用の足として利用する目的で車を所有している家庭が多くあります。

使用目的や頻度によっては、レンタカーやカーシェアリングを選んでも利用しても良いでしょう。一人で行動する場合であれば、自転車やスクーターがあれば便利です。止める場所にも困ることはないので、便利な移動手段として利用できます。

スポンサーリンク

横浜で車が必要かはエリアによる

もし横浜に引っ越す予定があって車が必要かどうかわからない時には、地図で周辺の様子を調べたり実際に出向いて見てみることをおススメします。都会といってもその市内全部が便利な街とは限らないからです。

また横浜の場合には坂が多いので自転車の運転にはあまり向かないところがあります。

徒歩では行けないような距離のところに自転車を利用しようと思っても困難な場合はやはり車が必要でしょう。さらに昔ながらの土地に入ると道が狭くて車が通れるかどうかわからないような場所もあるので車を利用しようと思っても困難なこともあるでしょう。

都心から離れ地区に住む場合には土地の様子を見たうえで、自転車を含め、車の必要性を事前に知っておくことが大切です。

車の値段を調べてみる

現時点で車がいくらで売れるか?売る予定がなくても、知っておくことが大切です。

 - 横浜